PAGE TOP

【うち漢方】肩井(けんせい)|光和堂薬局

|肩井(けんせい)

  • 肩井が所属する経絡

    足の少陽胆経

肩井の効能

肩こりの特効ツボとして、よく知られています。肩や首すじの痛みやこり、頚肩腕症候群などに効果を発揮します。また、頭痛やうつ病、自律神経失調症などの神経系疾患にも効があります。「中風七穴」の一つでもあり、半身まひや言語障害の治療にも用いられています。

過労、のぼせ、冷え症などにも有効です。

肩井の位置

後ろ首の根元の第七頚椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)と、肩先(肩峰外縁)を結んだ線上の中間点にあります。この中間から、前にまっすぐ下ると乳頭にあたります。このツボを指で圧迫すると、痛みが走ります。

肩井の由来

「肩」とは、文字どおり肩を意味します。「井」は、井戸のことです。ここでいう井戸とは、人間の生命エネルギーである気血が、湧き出る大事なところです。

なお、井戸から湧き出る気血は、多すぎても少なすぎてもいけません。