PAGE TOP

【うち漢方】缺盆(けつぼん)|光和堂薬局

|缺盆(けつぼん)

  • 缺盆が所属する経絡

    足の陽明胃経

缺盆の効能

このツボは、胸や腕に抜ける神経の通り道にあたります。喘息や息苦しさ、胸苦しさ、胸の痛み、肋間神痛、急性の熱病などに効果があります。

また、上肢の神経痛や麻痺、寝違えなど、首や肩の症状に効きます。

缺盆の位置

鎖骨の上に、大きなくぼみ(大鎖骨上か)があります。缺盆は、このおおきなくぼみの中にあります。体の真ん中(前正中線)から、親指の幅四本分外側にあります。

厳密に位置を決めるよりも、症状によって、鎖骨のくぼみの中で位置をずらしてさぐり、押したときに痛みを感じるポイントを探すのがポイントです。

缺盆の由来

「缺」は骨や肉が欠けていることを表しています。「盆」はくぼみを表します。つまり欠盆という名は、このツボが、骨や肉がないくぼみにあることを示しています。