PAGE TOP

【うち漢方】気舎(きしゃ)|光和堂薬局

|気舎(きしゃ)

  • 気舎が所属する経絡

    足の陽明胃経

気舎の効能

ツボ名からもわかるように、主に呼吸器系疾患の治療によく用いられています。

のどの痛み、首のできものやはれ、肩から首にかけてのこりなどに効果を発揮します。

また喘息の治療や、しゃっくりにも使用されます。

気舎の位置

のどぼとけ(喉頭隆起=甲状軟骨)の真下に下がると胸の骨のくぼみに当たります。気舎は、このくぼみの外側にある小さなくぼみ(小鎖骨上高)にあります。このくぼみは、頚側面を斜めに走る筋肉の下端が、―つに分かれて胸骨上端と鎖骨に付くことでできます。

また、首を横に向けたときには、向けた側細くて深いくぼみとしてあらわれます。

気舎の由来

「気」は文字通り、気を表します。「舎」は留まる場所を指します。気が集まる場所であることからこの名が付いています。