PAGE TOP

【うち漢方】巨髎(こりょう)|光和堂薬局

|巨髎(こりょう)

  • 巨髎が所属する経絡

    足の陽明胃経

巨髎の効能

鼻炎よる鼻づまり、鼻水に効きます。鼻風邪に有効です。また、鼻血や慢性副鼻腔炎などにも利用されます。

鼻の症状以外にでは、目の疾患や歯の痛み、歯肉炎、三叉神経痛、顔のまひ・けいれんなどの治療にも、よく用いられます。

巨髎の位置

鼻の両脇にあるツボです。鼻の穴の入口の高さで水平に線を引き、その線と、瞳孔からまっすぐ下におろした線が交差するところにあります。

巨髎の由来

「巨」は巨分を表します。巨分とは、鼻唇溝(鼻の両側から口の角までの溝)のことです。一方、「髎」は、「骨の角すみ、凹凸、盛上がり、飛び出る」などを意味する文字です。ここでは巨分の角すみにあるへこんだ部分をさしています。巨膠というツボ名は、巨分の角すみとなるへこんだ部分で重要な働きをもつところという意味を表しています。

陽明大腸経と陽明胃経、陽矯脈の交差穴です。