PAGE TOP

【うち漢方】肓兪(こうゆ)|光和堂薬局

|肓兪(こうゆ)

  • 肓兪が所属する経絡

    足の少陰腎経

肓兪の効能

胃潰瘍、胃炎、胃酸過多、胃けいれんなどによる腹痛や胸焼け、下痢などに用いられます。また、呼吸器疾忠や生理痛、精力減退、糖尿病、狭心症、黄疸などに用いられることもあります。

肓兪の位置

おへその両側で、親指の幅半分だけ外側のところにあります。ここを人さし指で押すと、ズンと下腹に響きます。過労のときなどには、このツボを軽く押しただけでも強い痛みを感じます。

肓兪の由来

「肓」は、体のなかの隠れた部分を指し、肓膜(腹膜)を意味します。「兪」は、気が注ぐへこみを示します。腎経の気は、胃兪から腹内に深く入り肓膜に注ぐので、この名が付けられました。