PAGE TOP

【うち漢方】居髎(きょりょう)|光和堂薬局

|居髎(きょりょう)

  • 居髎が所属する経絡

    足の少陽胆経

居髎の効能

股関節の外側の痛みやひざの痛み、足がだるくて重い、足のひきつりやしびれなどに効きます。坐骨神経痛の治療によく用いられます。

また、腰痛や下腹部の痛み、膀胱に関連した症状、脳卒中の後遺症などにも効果があると言われています。

居髎の位置

骨盤の前側の出っぱり(上前腸骨きょく)と、大腿骨外側の出っぱり(大転子)の頂点を結んだ線の中間点にあります。

居髎の由来

「居」は、かがむことを意味します。「髎」は、骨に挟まれた間隙、凹んだところの意です。このツボは、股関節の中にあり、膝をまげて腰をかがめると股関節の横に凹みができることから名付けられました。