PAGE TOP

【うち漢方】丘墟(きゅうきょ)|光和堂薬局

|丘墟(きゅうきょ)

  • 丘墟が所属する経絡

    足の少陽胆経

丘墟の効能

痛みやしびれなど足の症状をやわらげるツボです。引きつりを改善し、こむら返りなどに効果があります。

また、足の血行を促し、立ち上がりをスムーズにする作用があります。股関節の痛みの緩和をします。下肢以外の症状では、頚部のこわばりや腰痛、胸や胃の痛み、立ちくらみなどにも効果的です。

そのほか、胆経に属するツボなので、胆のう炎や胆石症にも効くと言われています。

丘墟の位置

外くるぶしの最も高いところ(外果尖)の前下方にある腱(長指伸筋腱)の外側のくぼみにあります。長指伸筋腱は、足を思い切り曲げると、外くるぶしの前下方にあらわれます。このツボの場所を指で強く押すと、痛みが走ります。

丘墟の由来

「丘」は、小高く盛り上がった場所を指します。「墟」は、跡の意味で、城跡のように建物がなくなりへこんだ跡地を意味します。丘墟という名前は、外くるぶしの骨の盛り上がりのすぐそばの、へこんだ跡地のような場所にあることを表しています。