PAGE TOP

【うち漢方】内関(ないかん)|光和堂薬局

|内関(ないかん)

  • 内関が所属する経絡

    手の厥陰心包経

内関の効能

動悸や胸痛など、循環器系の症状に効果があります。慢性胃炎や胆石などの消化器系の疾患にも効果があります。

また、精神をリラックスさせる作用により、不眠症や不安感、イライラなどにも効果があるほか、しゃっくりや目の充血、腕や手の痛み、しびれなどにも効きます。

内関の位置

手のひらをにしにして手首を曲げ、指で前腕前面をさぐると、中央に二本の腱(長掌筋腱と、とう側手根屈筋腱)を見つけることができます。内関は、この長掌筋腱ととう手根屈筋腱の間で、手のひら側の横じわ中央にある「大陵」から親指幅三本分下がったところにあります。押さえると痛みを感じます。

内関の由来

「内」は、内側を指します。「関」は、気血が出入りする要所を意味します。内関は、前腕の内側で、気が出入りする重要な場所であることを示しています。

手の甲側にある「外関」と相対の名称です。