PAGE TOP

【うち漢方】内庭(ないてい)|光和堂薬局

|内庭(ないてい)

  • 内庭が所属する経絡

    足の陽明胃経

内庭の効能

足やひざの痛み、まひ、けいれんなどの症状に用いられます。また、脚気、熱の出る病気などにも効果があります。消化器系の症状にも効き、胃腸が弱っているときの腹部膨満感や下痢、胃痛、口内炎などの治療にも使われています。

そのほか、頭痛や顔面神経麻痺、歯痛、手足の冷えなどに効きます。

内庭の位置

ツボ名にみるように、足の甲で、第二指と第三指の分かれ目にあたるところにあります。

内庭の由来

「内」は、内・中という意味です。「庭」は、庭や空き地などの広い場所を意味します。内庭は、足の親指の隣の第二指と次の第三の内側の間で、指を開くと庭のように広くなっているという場所から名付けられました。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。