PAGE TOP

【うち漢方】厲兌(れいだ)|光和堂薬局

|厲兌(れいだ)

  • 厲兌が所属する経絡

    足の陽明胃経

厲兌の効能

みぞおちから腹部にかけて張りがあって、重苦しい、吐き気がする、といった胃腸の症状に効きます。むくみや寒けがして食欲がない、足が痛む、のどから上の歯にかけて痛むなどの症状に効果があります。

さらに、黄疸、腹膜炎による腹水、糖尿病、顔面神経の麻痺、扁桃腺肥大などにも効きます。

厲兌の位置

足の第二指(親指の隣の指)の爪のつけ根にあります。

厲兌の由来

「兌」は、「沢」を意味し、水の集まる場所をさしています。このツボは井穴(手足の先端にあり、十二経絡に一つずつある)であり、気の流れ出るところから、名付けれました。