PAGE TOP

【うち漢方】蠡溝(れいこう)|光和堂薬局

|蠡溝(れいこう)

  • 蠡溝が所属する経絡

    足の厥陰肝経

蠡溝の効能

前立腺炎や前立腺肥人症などで、尿が出なかったり、出にくい場合や頻繁に尿意を感じる治療に効果的です。陰部が痛むといった場合にも用いられます。腹部のさし込むような痛み、インポテンツ(ED)にも効果があります。

また、月経障害や帯下(おりもの)の異常など、婦人科系の疾患に効果があります。

そのほか、肝臓や胆のうの機能を高める働きもあります。

蠡溝の位置

内くるぶしの最も高いところ(内果尖)から、親指の五本分上がった、向こうずねの筋肉のない骨の内側面(脛骨内側面)にあります。

蠡溝の由来

「蠡」とは、水がたっぷり入ったひょうたんの意味です。それが転じて木のしんを食い荒らす虫のことを指しています。「溝」は、狭く小さなくぼみのことです。

このツボは、陰部のかゆみの特効穴で、虫が食ったような溝にあることから、この名が付きました。