PAGE TOP

【うち漢方】列缺(れっけつ)|光和堂薬局

|列缺(れっけつ)

  • 列缺が所属する経絡

    手の太陰肺経

列缺の効能

肺経に属するツボで、気管支炎などによる咳や痰、のどの痛みに用いられるツボです。また、頭痛や歯痛にも効果があります。

そのほか、顔や腕の痛みや麻痺、尿道炎、てんかん、手首の痛みなどにも有効です。背中や胸に冷感があって息苦しさを覚えるような場合にも、このツボは効果を発揮します。

頭頂部や項頚部の痛み、だるさなどの症状があるとき、このツボを刺激すると、目の前の霧がさーっと消えてしまうような爽快感があります。

列缺の位置

手のひらを上にして、軽く曲げると、手首にに横じわができます。列缺は、この横じわ(手関節掌側横紋)の親指側の端から、親指の幅一本半分上がったところにあります。このツボを指で押さえると、動脈の拍動を感じとることができるでしょう。

列缺の由来

「列」は分裂、分かれるの意味です。「缺」は容器の裂け目、割れ目の意味です。列缺というツボ名は、肺の機能に関係する一経脈がここを分岐点として分かれ、その一部が体内の別の道すじに流れることから名付けられました。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。