PAGE TOP

【うち漢方】廉泉(れんせん)|光和堂薬局

|廉泉(れんせん)

  • 廉泉が所属する経絡

    任脈

廉泉の効能

舌の病気によく効くツボです。例えば、舌炎や舌の知覚異常、舌がもつれて話しにくい、舌の根元が急に収縮して言葉が出ないときに効果があります。

また、喉頭炎、扁桃炎、気管支炎などによる咳や痰をしずめる場合にも、このツボがよく用いられます。

そのほか、心因性の失語症、声がれ、唾液分泌過多の治療にも効果があります。

廉泉の位置

首の前にあるツボです。首の真ん中の線とのどぼとけのすぐ下の横じわが交わるところにあります。のどぼとけの上にある下骨のすぐ上のくぼみにあります。ここを指で押すと、舌の根を感じることできるでしょう。

廉泉の由来

「廉」には、角、側辺、すみという意味と、舌という意味があります。「泉」は、水源のことを表します。つまりこのツボは、下あごと首が接する角にあって、気が泉のように湧き出すところを意味しています。