PAGE TOP

【うち漢方】三陰交(さんいんこう)|光和堂薬局

|三陰交(さんいんこう)

  • 三陰交が所属する経絡

    足の太陰脾経

三陰交の効能

非常に広範囲の症状に効くツボです。全身症状では、めまい立ちくらみ低血圧症、太りすぎ、やせすぎ、のぼせ冷え、むくなどがあげられます。イライラなど気分が落ち着かない状態にも有効です。

特に女性特有の症状に効きます。ダイエット、月経に伴う不快感(月経痛・月経障害)、更年期障害、自律神経失調症、つわりなど様々な症状を改善します。

、尿失禁などにも効果的です。

三陰交の位置

下腿部の内側で、足の内くるぶしから親指の幅三本分上がった、向こうずねの筋肉のない骨のきわ(脛骨内縁)にあります。

三陰交の由来

東洋医学(漢方)では、人間の体の中に、生命を維持するのに必要なエネルギーである「気」が循環する道すじ(経絡)が、いくつもあると考えています。そのうちの陰経の、非常に重要な三つの経絡(脾経、肝経、腎経)が交わる場所がこのツボであるといわれ名付けられました。

「陰」は陰陽の陰を表しています。



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。