PAGE TOP

【うち漢方】神門(しんもん)|光和堂薬局

|神門(しんもん)

  • 神門が所属する経絡

    手の少陰心経

神門の効能

胸痛動悸、胸部の重苦しさなど、心臓病に関連した症状の治療に効果を発揮します。

循環器系疾患では、低血圧症にも効果があります。また、疲労や全身の倦怠感、発熱、寒け、頭痛めまいといった全身症状にも効きます。

そのほか、嘔吐や食欲不抜、便秘、目の渇きといった消化器症状、健忘症や不眠症、うつ病などの精神疾患にも効果があります。尿失禁、眼精疲労、腕のしびれに用いられることもあります。

神門の位置

手のひらを上にしたとき、首の関節部の小指寄りの端にあるツボです。手首を軽く曲げるとできる横じわ(手関節掌側横紋)の小指寄りを指でさぐると、豆状の骨(豆状骨)を触ります。神門は、豆状骨の上ヘリのくぼみにあります。

神門の由来

「神」は、心を意味しています。東洋医学(漢方)でいう心は、五臓(心・肺・脾・肝・腎)の一つです。西洋医学の心臓の機能に加えて、人間の精神、意識、思考のコントロールを行う機能を意味します。「門」は、出入口のことで、神門という名前は、心気の出入口であることを表しています。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。