PAGE TOP

【うち漢方】至陽(しよう)|光和堂薬局

|至陽(しよう)

  • 至陽が所属する経絡

    督脈

至陽の効能

胃炎、消化不良、食欲不振、胃酸過多など、胃腸の様々な症状に効果を発揮します。

また、喘息、気管支炎などによる咳や喘鳴、あるいは胸膜炎や肋間神経痛などで起こる胸痛などにも効果があります。そのほか、黄疸や腎臓病、四肢の痛み、微熱などにも用いられます。

至陽の位置

上背部の後正中線上、第七胸椎きょく突起(椎骨の後端が突出してる部分)の下のくぼみにあります。

第7胸椎きょく突起は、左右の肩甲骨の下角を結ぶ水平線と、後正中線とが交わるところにあります。

至陽の由来

「至」は、最終到着地にいたるところを意味します。「陽」は、背中を指しています。また、東洋医学(漢方)では、第七胸椎を境にして、そこから上を陽中の陽(上部)、下を陽中の陰(下部)に分けています。このツボ名は、ここから上に向かって陽の部分に入るということを意味しています。