PAGE TOP

【うち漢方】承扶(しょうふ)|光和堂薬局

|承扶(しょうふ)

  • 承扶が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

承扶の効能

大腿部の肉離れ、あるいは大腿部の内側から陰部にかけての、痛みやこわばりに効果を発揮します。

また、慢性的な痔、便秘や尿量の減少などにもよく用いられます。そのほかにも、坐骨神経が骨盤の中から外へと出ている場所にあるので、大腿部の後ろから足全体にかけて痛むというような、坐骨神経痛の症状に効果を発揮します。

承扶の位置

うつぶせに寝ると、お尻の筋肉のすぐ下に横じわができます。そのしわのほぼ中央で、軽く押すとひざの方まで痛みが響くところが承扶です。

承扶の由来

「承」は「捧げ持つようにして受ける・承る」という意味です。「扶」は「支持する・助ける」の意味です。座ったときに体重を支え、足腰の機能を助けるということから、名付けられたものです。