PAGE TOP

【うち漢方】四白(しはく)|光和堂薬局

|四白(しはく)

  • 四白が所属する経絡

    足の陽明胃経

四白の効能

顔の神経がまひしてまぶたを閉じることができない、頬のあたりに痛みがあるときに効果があります。

また、顔面がけいれんしたときには、ここを指圧しただけで、けいれんを一時的に止めることができます。

そのほか、頭痛やめまい、眼精疲労、三叉神経痛などの治療でも用いられます。

四白の位置

目の下を指で触ってみてください。そうすると、眼球の入っている骨のくぼみの下を触れます。このツボは、そのくぼみのところにあります。この部分を指で押さえ、右に動かすと鼻の横にピリピリとした痛みが走ります。

四白の由来

「四」は四方八方と使われるように、周囲を意味します。「白」は光、明らかのことです。このツボは目の下にあり、すべての物が広く見渡せる所にあるから、その名が付けられました。