PAGE TOP

【うち漢方】申脈(しんみゃく)|光和堂薬局

|申脈(しんみゃく)

  • 申脈が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

申脈の効能

腸炎などの消化器疾患や、尿道炎、膀胱炎、淋病などの泌尿器疾患によく用いられます。消化器疾患では水っぽくゆるい便が出る下痢のときに、泌尿器疾患では、股間に痛みがあるとき、頻繁に尿意があるときなどに用います。

また、血液の循環に関する症状として、のぼせや鼻血などの場合にも用いられます。月経障害のほか、太ももの内側から股かけての痛み、すねの痛み、足が動かしにくいといった症状や、精力減退の治療に用いられます。

申脈の位置

外くるぶしのすぐ下で、指で押すとくぼむところにあります。

申脈の由来

「申」は、伸ばす、伸びるという意味です。脈は、経脈を意味しています。東洋医学(漢方)では、経絡を、経脈と絡脈に分けています。経脈は、体の中を縦に走る気血の道、絡脈は、横につながる気血の道です。申脈の脈は、この経脈を指しています。

申脈は、経脈中の血脈の流れを良くして、経脈中の筋脈を伸ばすという意味を表しています。