PAGE TOP

【うち漢方】心兪(しんゆ)|光和堂薬局

|心兪(しんゆ)

  • 心兪が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

心兪の効能

心臓疾患に効きます。特に心弁膜症、心悸亢進症、狭心症などに効果を発揮します。

また、高血圧、肺結核、寝汗、眼の充血や結膜炎、激しい頭痛、脳溢血の治療に用います。神経衰弱、精神疾患、脚気、リウマチに使用されます。さらに、肋間神経痛、五十肩、食道狭窄、嘔吐、胃出血などにも有効です。

心兪の位置

肩甲骨の内側にある、背骨の第五椎きょく突起(椎骨の後端が突出している部分)の下縁を挟んだ両側で、真ん中(後正中線)から親指の幅一本半分外側にあります。

心兪の由来

「心」は、心の臓を指します。「兪」は「兪穴」を意味します。背骨の両脇に並んでいる兪穴は、病気の原因となる邪気が体内に侵入するのを防ぐ役割があります。兪穴には、それぞれの臓器に対応した固有のツボがあり、心兪は心の臓の働きに関係するところです。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。