PAGE TOP

【うち漢方】帯脈(たいみゃく)|光和堂薬局

|帯脈(たいみゃく)

  • 帯脈が所属する経絡

    足の少陽胆経

帯脈の効能

腰や背中の痛みや、下痢に効果があります。婦人病の特効ツボでもあり、月経障害のほか、卵巣や卵管、子宮の病気などに効果があります。そのほか、子どもの慢性胃腸障害にも使います。

帯脈の位置

側腹部で、おへその高さの水平線と、第十一肋骨の下ヘりにある「章門」からの垂線が交わるところにあります。

帯脈の由来

「帯」は、腰帯部をぐるりと回る帯を意味しています。「脈」は、経脈のすじ道をさします。帯脈は、腰帯部をぐるりと回る帯のように巡る経脈のすじ道のツボという意味です。