PAGE TOP

【うち漢方】太陽(たいよう)|光和堂薬局

|太陽(たいよう)

  • 太陽が所属する経絡

    奇穴

太陽の効能

眼精疲労、それによる目の痛みや充血をはじめとして、目の様々な症状をやわらげるのに使います。なかでも、目の奥がジンジンと痛むとき、物がかすんで見えるとき、

まぶしく感じるとき、目がショボショボするときなどに効きます。

太陽の位置

眉毛の外側の端と、目じりの外側の端を結んだ中間点から、親指の幅一本分後ろのところあります。こめかみから、目じりに向かって指を滑らせていったときに、目じりの斜め上でぶつかるわずかなくぼみを目安に探してもよいしょう。

太陽の由来

「太」は、大と同じ意味で盛ん、優れている、大きいの意味です。「陽」は、日光が当たる方の側面、とう意味です。したがって、太陽という名称は、頭部の側面にあり、陽気が盛んで充実しているところを意味しています。

奇穴の一つであり、眼疾患や側頭部の疾患に効果があります。