PAGE TOP

【うち漢方】天髎(てんりょう)|光和堂薬局

|天髎(てんりょう)

  • 天髎が所属する経絡

    手の少陽三焦経

天髎の効能

肩こりや五十肩の治療によく使われます。

また、肘の痛み、首のこりやいたみの治療に用いられます。そのほか、頭痛、高血圧、目の充血に効きます。不安感やイライラが強いときには、このツボを使い、精神を沈静化させます。

天髎の位置

背中の肩甲骨の上のほうにあります。肩甲骨のうちヘリを指でさぐりながら上がっていくと、出っぱった角(肩甲骨上角)に行き着きます。天髎は、この肩甲骨上角の上のくぼみにあります。

天髎の由来

「天」とは、体の上部を指します。ここでは肩甲骨を示しています。「髎」は、骨の間に挟まれた凹んだところのことです。肩の角にあるツボの意味です。