PAGE TOP

【うち漢方】天井(てんせい)|光和堂薬局

|天井(てんせい)

  • 天井が所属する経絡

    手の少陽三焦経

天井の効能

首の根本から上腕部までの治療に用います。五十肩、顕肩腕症候群に効きます。上腕神経痛、肘の関節痛、頚部の痛み、肩こりに効果があります。

そのほかにも、頭痛や鼻づまり、発熱、咳といった風邪の緩和に効果があります。胸痛や腰痛にも効きます。また、のぼせや動悸、難聴、子どものひきつけなどにも活用されることがあります。

天井の位置

ひじの後ろ側で、ひじの最も突出しているところ(肘頭)の上方にあります。親指の幅一本分上がったところのくぼみにあります。

天井の由来

このツボは、肘の後で肘を屈曲したときにできる凹んだところにあり、気が深部に集まってくる場所です。東洋医学(漢方)では、上半身を「天」といいます。「井」は、泉の沸く場所の意味です。天井は、気血が湧き出るツボなのです。