PAGE TOP

【うち漢方】天容(てんよう)|光和堂薬局

|天容(てんよう)

  • 天容が所属する経絡

    手の太陽小腸経

天容の効能

片頭痛、咽頭カタル、扁桃炎、耳の疾患、頸部リンバ腺腫大頚部に使われることがあります。首がこって回らなくなったり、寝違えて首が痛いときなどに効果があります。

そのほかに、のどに詰まった感じ、歯痛、耳鳴り、耳が聞こえにくいときに使われます。

天容の位置

耳の下で、下あごの角の後ろ側にあるツボです。頚部側面を斜めに走る筋肉(胸鎖乳突筋)の前方のくぽみにあります。

天容の由来

「天」は、鎖骨より上の部分を指します。「容」は、入れる、包む、用いるなどの意味があります。耳やのどや頭、歯など、鎖骨より上の部分の病を、このツボに包み込むという意味で、天容と名付けられています。