PAGE TOP

【うち漢方】天牖(てんゆう)|光和堂薬局

|天牖(てんゆう)

  • 天牖が所属する経絡

    手の少陽三焦経

天牖の効能

頭痛や首のこわばり、首筋の痛み、首が回らないときに使います。歯や目の痛みの治療にも用いられます。

さらに、突発性の難聴、視力の衰え、よく転倒する、顔色が悪いといった症状にも効果があります。また、うつにも使います。

天牖の位置

下あごの角と同じ高さで、頚部側面を斜めに走る筋肉(胸鎖乳突筋)の後のくぼみにあります。

天牖の由来

「天」とは、鎖骨より上の部分を指します。「牖」は、窓を意味します。体の上部を探るための窓の役割を担うツボです。