PAGE TOP

【うち漢方】地機(ちき)|光和堂薬局

|地機(ちき)

  • 地機が所属する経絡

    足の太陰脾経

地機の効能

精力減退、大腿部の神経痛、下肢の麻痺、脚気、下腿のむくみ、ひざの関節炎効果があります。

また、消化不良や急性胃炎、胃潰瘍、胃酸過多、糖尿病などの治療にも、よく用いられます。そのほか食欲不振、尿が出ない、腰痛、心身症、女性の腹部にできる硬いしこりなどに効果があります。

地機の位置

内くるぶしの最も高いところ(内果尖)と、ひざの皿の下端(膝蓋骨尖)を結ぶ線上で、膝蓋骨尖から三分の一の脛骨の内へりにあります。

「陰陵泉」からは、親指の幅三本分下がったところにあります。

地機の由来

「地」は土地や土を意味しています。土は、東洋医学(漢方)の五行では、碑や胃を表します。「機」は、変化、からくり、重要なことを意味します。このツボは、消化器系など、内臓の働きを治し、また女性の月経障害、精血不足、生殖能力の低下などの症状を改善する作用があることから、この名が付きました。