PAGE TOP

【うち漢方】通天(つうてん)|光和堂薬局

|通天(つうてん)

  • 通天が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

通天の効能

頚部へのできものや、鼻の中にできものができたとき、鼻汁による鼻づまりがあったときは効果が期待できます。そのほか頭痛や頭重の治療にもよく用いられます。なかでも片頭痛に効きます。

さらに後頭部から、うなじにかけてのこわばりをほぐす特効ツボでもあります。

また、抜毛や円形脱毛症、脳卒中が原因の顔面麻痺などにも使われます。

通天の位置

頭のてっぺんにある「百会」の両側のわずかに前寄りにあるツボです。額の髪の生えぎわから、前正線上を親指の幅四本分後ろにいき、さらに耳の方向へ親指の幅一本半分下がったところにあります。

通天の由来

「通」は、通るや届くという意味です。転じて、開くとか、貫くという意味で使われます。「天」は、このツボが所属する経絡(膀胱経)のツボとしては、最も高い位置(頭部)にあるということを指しています。

経脈は、この通天から頭の頂上にある「百会」に気を送り、脳の中を循環するといわています。このことから、通天と言われています。