PAGE TOP

【うち漢方】中膂兪(ちゅうりょゆ)|光和堂薬局

|中膂兪(ちゅうりょゆ)

  • 中膂兪が所属する経絡

    足の太陽膀胱経

中膂兪の効能

前立腺炎や前立腺肥大症、尿道炎などの治療に用いられ、尿道の痛みや排尿困難、頻尿、残尿感などの症状をやらげます。

また、男性のインポテンツ(ED)に対しては、大赫とともに効果の高いツボとして知られています。

そのほか、糖尿病や坐骨神経痛、腹痛、腹部膨満感、腸からの出血などにも効果があります。

中膂兪の位置

仙骨をさすったときに、上から三番目に触れるくぼみ(第三後仙骨孔)と同じ高さで、仙骨の真ん中の隆起(正中仙骨稜)から親指の幅一本半外側にあります。

中膂兪の由来

「中」は体の中心を、「脊」とは背骨の両側の盛り上がった筋肉を指します。隆起した筋肉の真ん中にあるので中脊兪と呼ばれれています。「兪」は「兪穴」を意味します。背骨の両脇に並んでいる兪穴は、病気の原因となる邪気が体内に侵入するのを防ぐ役割があります。