PAGE TOP

【うち漢方】中都(ちゅうと)|光和堂薬局

|中都(ちゅうと)

  • 中都が所属する経絡

    足の厥陰肝経

中都の効能

慢性の腸の病気や、腹部にしこりがあって痛むような場合に効果があります。

また。このツボは生殖器系の病気にも効果があります。とくに出産後に出血やおりものが続いて止まらない、子宮や卵巣の病気で出血が止まらないときに用います。

さらに、ひざの痛みが、足の下の方まで続くときは有効です。

中都の位置

内くるぶしの一番高いところ(内果尖)と、ひざの皿の下端(膝蓋骨尖)を結ぶ線上の中間点から、親指の幅半分が下がった向こうずねの筋肉のない骨の内側面(脛骨内側面)にあります。内果尖からは、親指の幅七本分上がったとろになります。

中都の由来

「中」は、中央のことです。「部」は、みやこ、集まるの意味です。このツボは足の厥陰肝経に属し気血が集まるところです。また、下腿内側中央にあるので、中都と名付けられました。