PAGE TOP

【うち漢方】中瀆(ちゅうとく)|光和堂薬局

|中瀆(ちゅうとく)

  • 中瀆が所属する経絡

    足の少陽胆経

中瀆の効能

筋肉痛をはじめ、坐骨神経痛、勝骨神経痛など、足の病気全般に用いられます。高血圧症や脚気、中風(脳卒中後の後遺症)による片まひ、小児まひにも有効です。そのほか、みぞおちの痛み、腰痛、湿疹などに用いられます。

中瀆の位置

大腿部の外側、直立して腕を横に垂らし、手のひらを太ももにつけたとに、中指の先端が当たるところにある「風市」の下方にあります。

ひざの後ろの横じわ(膝高横紋)から、親指の幅七本分上がったところになります。

中瀆の由来

「中」は、なかを意味してます。「瀆」は、溝を表しています。中瀆とは、大腿部の外側で、腸脛靫帯と大腿二頭筋の間にでる溝(くぼみ)の中に、このツボがあることを表しています。