PAGE TOP

【うち漢方】中注(ちゅうちゅう)|光和堂薬局

|中注(ちゅうちゅう)

  • 中注が所属する経絡

    足の少陰腎経

中注の効能

胃酸過多症、胃潰瘍、月経障害などに用いられます。

中注の由来

このツボは、内側に女性の胞宮、男性の精室がある場所で、そこは腎の精気が集まる所です。そこから精気を胞中に注ぎ込まれることからこの名が付きました。