PAGE TOP

【うち漢方】陽池(ようち)|光和堂薬局

|陽池(ようち)

  • 陽池が所属する経絡

    手の少陽三焦経

陽池の効能

手の機能を調節するツボで、しびれや痛みなど、腕や手、肩の症状改善に効果があります。五十肩による痛みで腕が上がらないときや、手根管症候群、関節リウマチ、頚肩腕症候群などに有効です。

また、倦怠感や口の渇き、頻尿、のどの痛み、消化不良といった症状にも効果があります。腕や手にできた湿疹やじんましん、しみ、そばかすなどの皮膚疾患にも効果があります。このツボは子宮の位置を正しく保つ働きがあり、おりものの異常などに用いられることもあります。

男性では、インポテンツ(ED)に有効とされています。

陽池の位置

手関節の後面、手の甲側の横じわ(手関節背側横紋)の上をさぐると、真ん中にかたい腱(総指伸筋腱)があります。陽池は、この総指伸筋腫の小指側のくぼみにあります。

陽池の由来

「陽」は、陰陽の陽にあたる手の甲を指しています。「池」は、このツボがあるくぼみを池にたとえたものです。陽池は、手の三焦経とう経絡に属するツボで、三焦は東洋医学(漢方)独特の用語で、気血(エネルギー)および水(体液)を全身に巡らし、体液の水路を調節して、物質を体外に排泄させる作用があります。

は三焦の働きを高める大切なツボで、健康の維持増進をはかるうえで重要な働きをします。