PAGE TOP

【うち漢方】陽谿(ようけい)|光和堂薬局

|陽谿(ようけい)

  • 陽谿が所属する経絡

    手の陽明大腸経

陽谿の効能

手の機能を調整するツボで、しびれ・痛みなど、腕や手の症状改善に有効です。テニスひじ、野球ひじなどのスポーツ障害にも効果があります。

また、咳や息苦しさ、のどの痛み、冷え症、歯痛、耳鳴り、難聴、中風などにも効きます。

そのほか、精神を落着かせる働きがあり、躁病の治療にも用いられます。

陽谿の位置

手の甲を上にして指を開きぎみにし、親指をグッとそらせると、親指のつけ根に二本のかたいすじがあらわれます。このすじの中央部で、手首にできる横じわの中にあります。また、くぼみを指でさわると、前腕の骨と手の骨が接している部分がわかります。

陽谿の由来

「陽」は、陰陽の陽を意味しています。東洋医学(漢方)の人体区分では、人体の正面側を陽、裏側や内側になるところを陰と呼びます。例えば手の甲は陽、手のひらは陰というわけです。このツボは手の甲にあるため、ツボ名に陽という字が付けられました。

「谿」は、山間のい谷川を意味しています。つまり陽谿は、手の甲の浅いくぼみにあるツボという意味なのです。