PAGE TOP

【うち漢方】肥満体質で足のむくみ生理不順の悩み|光和堂薬局

|肥満体質で足のむくみ生理不順の悩み

相談内容(抜粋)

悩みはいろいろありますが、まず肥満体質で、硬太りです。特に下半身が幼少の頃から大きく今は全身大きいです。足は常にむくんでいます。生理不順になり産婦人科で検査をした時は、ホルモンの数値が低いと言われホルモン注射をしたことが二回程あります。その時甲状腺の数値が少し高いとも言われました。

首に圧迫感を感じることがよくあります。一日の睡眠時間は10時間くらい寝ます。睡眠時間が減ると直ぐに風を引いてしまいます。扁桃腺は通常時で普通の人の3倍は大きいと言われ手術をすすめられています。熱を出す時は高熱で去年は38~42度の熱が4週間続きました。

寝ている間に手足の指がパンパンにむくんでムズムズかゆみがあります。足全体がイライラして目を覚ますこともあります。シミ・そばかすは幼少の頃から目立っていました。最近は肝班もあり気になります。デリケートゾーンの色素沈着もひどくて気になっています。常にひどく殆ど横になっている状態です。病院で血液検査しても異常なしでした。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

ご相談者の体質判定の結果を考慮し、女性ホルモンの働きを調整して、骨盤内の滞りを解消し大便と小便の出をよくする桃核承気湯が有効です。さらに腎臓や膀胱の炎症を取り、小便の出をよくする清心蓮子飲が有効です。

処方された漢方薬

  • 桃核承気湯は、女性ホルモンの働きを調整し、骨盤内の滞りを解消し大便と小便の出をよくします。

  • 清心蓮子飲は、腎臓や膀胱の炎症を取り、小便の出をよくします。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。