PAGE TOP

【うち漢方】乗り物酔いや立ちくらみ|光和堂薬局

|乗り物酔いや立ちくらみ

相談内容(抜粋)

乗り物酔と立ちくらみに特に悩んでいます。そのほかに、よくわからないのですが、よく気持ち悪くなって吐き気がしたり、時には胸の当たりが締め付けられるような感覚になります。漢方でなんとかなりませんか。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

乗り物酔いは、耳内の三半規管と前庭の耳石での平衡感覚のセンサーが狂い、自律神経にその影響が発症します。立ちくらみなど起立時の血圧や心拍の調節も自律神経が担当しています。

このような自律神経の調節を促すために苓桂朮甘湯を使いましょう。さらに、気持ち悪さや吐き気、のど胸の締め付け感の改善に半夏厚朴湯を合わせましょう。

処方された漢方薬

  • 苓桂朮甘湯は、自律神経の調節を促します。

  • 半夏厚朴湯は、気持ち悪さや吐き気、のど胸の締め付け感の改善に有効です。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例