PAGE TOP

【うち漢方】口の渇きやネバつき・舌苔による相談|光和堂薬局

|口の渇きやネバつき・舌苔による相談

相談内容(抜粋)

1年前から口の渇き、ネバつき、変な味がしだしたり、舌に歯形がついており舌の奥の舌苔が気になるようになりました。他にも冷え性で生理不順便秘にも悩まされております。漢方で改善できればと思っておりますのでよろしくお願いします。

便通は2日に1回程でダイエットや食事の量を減らしてもないのにコロコロした便がほとんどですが便秘薬は避けたいです。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

口内の粘りや味覚などにお悩みというご相談です。体質判定の結果を拝見すると、血瘀血虚気滞などがたいへん高く出ています。体内に汚れ古い血が多いことと、新鮮な酸素が豊富なよい血が不足していることを示しています。

血の巡行が悪いので、気の巡りも悪くなり気滞を起しているようです。体内の血液を浄化するためには、排便をよくすることは不可欠です。排便がコロコロするとのことですので、大腸粘膜の潤いが少ないようです。大腸の蠕動運動は良いということでしょう。この辺は上手に調節します。

体質判定の結果と症状などから香蘇散と加味逍遥散が有効です。

処方された漢方薬

  • 香蘇散は、口のど鼻耳など顔面から頚部のリンパ節の炎症を鎮める作用があり、口内の違和感、味覚など正常にします。

  • 加味逍遥散は、血行を良くして、冷えや生理不順などを改善します。下剤は入っていませんが、便通を出しやすくする作用もあります。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例

現在のところ、同じ漢方薬が処方された相談例がありません。



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。