PAGE TOP

【うち漢方】頸椎症性神経根症で指の麻痺|光和堂薬局

|頸椎症性神経根症で指の麻痺

相談内容(抜粋)

今年の11月に頸椎症性神経根症と診断されました。左手の筋力低下や指に少し麻痺が出ていることなどから手術を勧められています。私の体質に合った効きそうな漢方薬があれば2~3ヵ月試してからにしたいと思っています。

元々手足の指が冷えやすく霜焼けになりやすかったのですが、2年位前から冬の霜焼けがひどくなり皮膚科で漢方薬をもらい飲んでいます。しかしながらこの冬も足指の霜焼けがひどく手指や耳介にも少し出ます。

他の病気については、数年前から正常眼圧緑内障で点眼薬をさしています。一番長い持病は重症筋無力症でプログラフとプレドニゾロンを服用して症状が出るのを抑えています。素人考えでは淤血も強いのではないかという気がしています。

漢方薬を処方した先生

  • 堀口和彦(光和堂薬局院長 薬剤師)

処方時の先生の解説

頚椎症性神経根症による筋力低下としびれにお悩みとのことですね。重症筋無力症もあるとのことですが、今回の左手の症状はあくまで頚椎症由来とのことですね。

体質判定の結果を拝見すると、陽虚や気虚、血虚など不足していることが多いようです。血瘀は、血が余り停滞して、手足の冷えなどを引き起こしますが、まず血や陰(体液やリンパ液)などを補う必要あります。その後に、血行を良くするという順番になります。

そこで、当帰四逆加呉茱萸生姜湯をご用意します。血虚を改善して血行を良くする作用がある漢方薬です。

さらに、疎経活血湯がよいかと思います。手術は念頭に置いた上で、数ヶ月お試しになることは大いにお勧めです。手術してもしびれなどは完治しない例も経験しています。

処方された漢方薬

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、血虚の改善に用い、手足の冷えや血行を良くする作用があります。

  • 疎経活血湯は、筋肉や神経などに良い血を送り込み、酸素や栄養分を供給します。それにより、筋肉や神経の働きを高めます。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例