PAGE TOP

【うち漢方】産後拒食症からの過食症で悩んでいる|光和堂薬局

|産後拒食症からの過食症で悩んでいる

相談内容(抜粋)

拒食症からの過食症に悩んでいて太っています。痩せたいです。それから生後3か月の子どもがいます、もし漢方薬を処方して頂けるなら、母乳に影響はないでしょうか?

あと、寝つきが悪く、不眠症です。授乳の間隔も大分空いてきて、寝れる時間はあるのですが、体が興奮状態にあるのか寝ようと思えば思うほど寝れません。

漢方薬を処方した先生

処方に至った先生の解説

拒食症からの過食症にお悩みというご相談です。産後ということで、女性ホルモンが大きく変動する時です。食欲はホルモンの影響を強く受けます。

体質判定の結果を拝見すると、血虚気滞が高く出ています。血虚は、ホルモンの影響で、心身に酸素と栄養分豊かな血液を送り込めない状態を示します。それにより、肩こりだるさ疲れ目などを生じます。気滞は、自律神経の働きの乱れを示し、イライラ不眠などを起こします。

これらのことを考慮し抑肝散や女神散が有効です。

処方された漢方薬

  • 抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。

  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、のぼせやほてりも緩和します。睡眠も熟睡感が増すと思います。

☑の価格を表示する→

同じ漢方薬が処方された相談例



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。