PAGE TOP

【うち漢方】五淋散(ごりんさん)|光和堂薬局

|五淋散(ごりんさん)

五淋散の効能・効果(添付文書)

次の症状に有効とされています。
  • 頻尿
  • 排尿痛
  • 残尿感

五淋散が処方された体質(のべ数)

  • 陽虚(1回)
  • 陰虚(1回)
  • 血虚(1回)
  • 血瘀(1回)
  • 湿痰(1回)
  • 湿熱(1回)
  • 気虚(1回)
  • 気滞(1回)

五淋散が処方された相談例

五淋散を五感で表現

  • 黄褐色
  • 特異なにおい
  • わずかに苦くて甘い

五淋散の使用上の注意

1 次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人
(4)高齢者
(5)次の症状のある人
  むくみ
(6)次の診断を受けた人
  高血圧、心臓病、腎臓病
2 次の場合は、直ちに服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
  消化器:食欲不振、胃部不快感
3 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  偽アルドステロン症:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる。
4 1か月位服用しても症状がよくならない場合や長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談してください。
5 次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談してください。
  下痢

その他の情報

本剤は、漢方の古典「和剤局方」(宋代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスを、飲みやすく錠剤としたものです。尿道や膀胱に対する清熱(消炎・解熱)作用や、利尿と鎮痛・鎮痙の作用もあり、主として尿路系の炎症症状をとるのに用いられる漢方薬です。

しばしばトイレに行くがうまく出ない方、排尿時に痛みや残尿感がある方などに効果がありますが、特に一時好転してもすぐに再発するといったように、経過が長引く場合に用いられます。