PAGE TOP

【うち漢方】葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)|光和堂薬局

|葛根黄連黄芩湯(かっこんおうれんおうごんとう)

葛根黄連黄芩湯の効能・効果(添付文書)

「体力中等度の人」の次の症状に有効とされています。

葛根黄連黄芩湯が処方された体質(のべ数)

葛根黄連黄芩湯が処方された相談例

葛根黄連黄芩湯を五感で表現

  • 淡褐色
  • 特異なにおい
  • 苦い

葛根黄連黄芩湯の使用上の注意

1 次の人は服用しないでください。
  生後3か月未満の乳児
2 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)次の症状のある人
  むくみ
(5)次の診断を受けた人
  高血圧、心臓病、腎臓病
3 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  偽アルドステロン症:手足のだるさしびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
  ミオパチー:手足のだるさしびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
5 1週間位(急性胃腸炎に服用する場合には5~6回)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
6 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の情報

本剤は、漢方医学の原典『傷寒論』に記載されているものです。漢方では、悪寒(さむけ)がしたり、項背(首筋から背にかけて)がこわばるなど、病状が体表部に現れている場合を「表証」といい、また、炎症が体の深部に達して腹痛がしたり、下痢をしているような状態を「裏証」と呼んで、診断の指標の一つとしています。

本剤は、「裏証」に「表証」を伴ったものを使用目標とする薬方ですが、「表証」や「裏証」のみの場合にも用いられ、肩こり口内炎下痢をはじめ、急性胃腸炎や舌炎などに広く応用されます。次のような症状を目標として使用すると、すぐれた効きめを発揮します。
・首すじから背中がこわばって、肩がこる
・胃腸の調子が悪く、口内炎・舌炎ができやすい
・熱があって、下痢をする
・みぞおちがつかえて、腹痛嘔吐などがある
・汗が出て、ゼーゼーして眠れない

医薬品の添付文書

代表的な医薬品メーカーの「医薬品の添付文書」をご覧いただけます。情報は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構が提供しています。
葛根黄連黄ごん湯エキス細粒G「コタロー」



※ 当ページは、堀口和彦[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。