PAGE TOP

【うち漢方】清心蓮子飲(せいしんれいしんいん)|光和堂薬局

|清心蓮子飲(せいしんれいしんいん)

清心蓮子飲の効能・効果(添付文書)

「全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶる人」の次の症状に有効とされています。
  • 残尿感
  • 頻尿
  • 排尿痛

清心蓮子飲が処方された体質(のべ数)

  • 気滞(12回)
  • 陰虚(11回)
  • 陽虚(9回)
  • 湿痰(9回)
  • 血虚(8回)
  • 血瘀(8回)
  • 気虚(8回)
  • 湿熱(4回)

清心蓮子飲が処方された相談例

清心蓮子飲を五感で表現

  • 淡褐色
  • 特異なにおい
  • 甘くてわずかに渋い

清心蓮子飲の使用上の注意

1 次の人は服用しないでください。
  生後3か月未満の乳児
2 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
3 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
4 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 
  間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
  肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
5 1か月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の情報

清心蓮子飲の「清心」には心身の高ぶりや炎症をさまし清涼するという意味が込められており、「蓮子」はハスの実のことで、この製剤の主薬(レンニク)でもあります。尿路の熱や腫れをひき、また痛みをやわらげ、尿の出をよくします。

具体的には、残尿感、頻尿、排尿痛、排尿困難などの排尿異常に適応します。胃腸が弱く疲れやすい人で、不安感やイライラ感、不眠など精神症状をともなう時に適した製剤です。