PAGE TOP

【うち漢方】芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)|光和堂薬局

|芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

芍薬甘草湯の効能・効果(添付文書)

「急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛」に有効とされています。

芍薬甘草湯が処方された体質(のべ数)

現在のところ、処方された体質がありません。

芍薬甘草湯が処方された相談例

現在のところ、処方された相談例がありません。

芍薬甘草湯を五感で表現

  • 淡灰褐色
  • 特異なにおい
  • わずかに甘い

芍薬甘草湯の使用上の注意

1 次の人は服用しないでください。
  心臓病の診断を受けた人
2 症状があるときのみの服用にとどめ、連用しないでください。
3 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)次の症状のある人
  むくみ
(5)次の診断を受けた人
  高血圧、腎臓病
4 服用後、まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師の診療を受けてください。
  間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
  偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
  ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
  うっ血性心不全:全身のだるさ、動悸、息切れ、胸部の不快感、胸が痛む、めまい、失神等があらわれる。
  心室頻拍:全身のだるさ、動悸、息切れ、胸部の不快感、胸が痛む、めまい、失神等があらわれる。
  肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
5 5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

その他の情報

本剤は、漢方の原典である『傷寒論』に記載されている漢方薬で、急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛や、「下肢のけいれん性疼痛(こむらがえり)」「胃腸の激しい痛み」などに用いられています。