PAGE TOP

【うち漢方】動悸の漢方薬|光和堂薬局

|動悸の漢方薬

症状:動悸変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、動悸や高血圧、頭痛、不眠、排便コントロールなどを改善します。下剤としての作用は弱いですが、加味逍遥散と併用することで、自然に排便が良くなると思います。

    この症状で処方した相談例(46)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、ホルモンと自律神経の働きを調整して、緊張感や不安感、動悸、不眠などを改善します。首肩胸のコリを解して、呼吸を楽にする作用もあります。

    この症状で処方した相談例(42)

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、ストレスによる不安感や不眠、動悸、陰萎(インポ)などを改善します。

    この症状で処方した相談例(14)

  • 炙甘草湯は、心筋への血流を促進して、心筋へ酸素と栄養分を十分に送り込み、心臓の働きを助けて、動悸や息切れなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(11)

  • 半夏厚朴湯は、のどから胸の緊張感を緩和して、呼吸や心臓の働きを楽にして、痰や鼻水、動悸などを改善します。気持ちの落ち込みを解消して、気力を高める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(10)

  • 九味檳榔湯は、新陳代謝を活性化して、体内に停滞する余分な水分や脂肪分を排出して、むくみや倦怠感、動悸、足腰の痛みなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 苓桂朮甘湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の働きを高めて、動悸や息切れ、発汗、手足の冷え、立ちくらみ、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 真武湯は、新陳代謝を活性化して、血液やリンパ液の流れを促進して、耳内の三半規管や前庭の働きを調整して、めまいやふらつき、身体の冷え、動悸などを改善します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 抑肝散は、心身の緊張を緩和して、ストレスや不安から来る、過喚気や動悸、めまいなどを緩和します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 黄連解毒湯は、体内の蓄積する疲労物質の解毒代謝を促進して、動脈など血管の汚れを取り、炎症を鎮めて、血圧や心臓の働きを調整し、不整脈や動悸、高血圧を改善します。膀胱の粘膜や皮膚などの炎症を鎮める作用もありますので、排尿や皮膚の痒みなども改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 木防已湯は、肺と心臓の働きを高めて、呼吸困難や動悸、息苦しさなどを改善します。むくみを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 補中益気湯は、胃腸の働きを高めて、気力体力を増進して、血圧の低下を防ぎ、脳への血流を確保して、ふらつきやめまい、動悸などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、のぼせや発汗、不安感、動悸などを改善します。血の道症といわれる産後の精神不安の鎮静にも効果があり、産後の心身の回復を応援します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 加味帰脾湯は、胃腸の働きを高めて、気力体力を増進します。身体に余裕を付けて、精神的なゆとりを作り、不安感や動悸などストレスに負けない心身へ改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 環元清血飲は、血行を促進して、血管の炎症や梗塞を去り、肩こりや動悸、不安感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 苓甘姜味辛夏仁湯は、体内の水分代謝を活性化して、余分な水分を排出して、気管や咽喉部の通りを良くして、呼吸を楽にして、息苦しさや動悸を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 防風通聖散は、解毒と新陳代謝を活性化して、肥満むくみ動悸などを改善します。便通を良くする成分も入っていますので、多少大便が緩くなるか、量が多くなるかもしれません。解毒代謝して肥満むくみなどの解消には必要です。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 十全大補湯は、血を補い、貧血からくる動悸やめまい不安感などを和らげます。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 呉茱萸湯は、胃腸の働きを高めて、頭部の血液やリンパ液の流れを改善して、頭痛や吐き気、動悸などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

動悸に効く基本となる体質別の「漢方薬とツボ」について、堀口和彦先生に東洋医学の見地から分かりやすく解説してもらいました。

動悸の相談例
動悸の生薬
動悸のツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。