PAGE TOP

【うち漢方】インポテンツ(ED)の漢方薬|光和堂薬局

|インポテンツ(ED)の漢方薬

症状:インポテンツ(ED)変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 活命参は、鹿茸という鹿の幼角が配合され、男性ホルモン作用があり、陰部への血流をアップします。さらに紅参などが入り、勃起力を持続します。夜に1包としますが、用事前に1包追加服用してもよいです。

    この症状で処方した相談例(19)

  • 八味地黄丸料は、ホルモンや腎臓の働きを高めて、小便の出方を調整して、血糖値を下げる作用があります。また、骨盤内の血流を促進して、勃起力を応援する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、ストレスによる不安感や不眠、動悸、陰萎(インポ)などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

☑の価格を表示する→

関連する動画

勃起不全(ED)に効く基本となる体質別の「漢方薬とツボ」を、堀口和彦先生に東洋医学の見地から分かりやすく解説してもらいました。

インポテンツ(ED)の相談例
インポテンツ(ED)の生薬
インポテンツ(ED)のツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。