PAGE TOP

【うち漢方】腹痛の漢方薬|光和堂薬局

|腹痛の漢方薬

症状:腹痛変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 安中散は、胃腸の不調によいです。胃腸の粘膜は、強い酸や酵素にやられ、炎症や潰瘍ができ下痢や腹痛を起こしますが、これらの症状を緩和します。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 大建中湯は、お腹を温め、消化吸収を高め、腹痛や腰痛、下痢を改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 小建中湯は、心身の緊張感を緩和して、睡眠の質を高め、疲れが取れやすい状態します。腹痛や足のほてりを緩和する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 四逆散は、腹部の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、腹痛や膨満感、ゲップ、ガス、イライラ感、抑うつ感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 六君子湯は、胃腸の働きを高め、下痢や腹痛を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、手足の冷えや血行を改善して、頭痛や腹痛などを緩和します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 真武湯は、体内の水分代謝を活性化して、冷えやむくみ、腹痛、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、不安緊張感や気力低下、口の乾き、のぼせ、便秘などを改善します。下剤としての作用は弱いですので、腹痛は起こらないと思います。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 五積散は、体内(特に胃腸や関節)の余分な水分を捌き、炎症を鎮める作用があります。腰痛や腹痛などにも効きます。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、心身の緊張感を緩和して、不安感やイライラ感を鎮め、血圧の上昇や排便コントロールの悪さ(緊張での下痢腹痛や旅行での便秘)を改善します。血行を促進して冷えを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 乙字湯は、便通を軟らかくして、痔を予防改善します。乙字湯の場合は、下剤成分である大黄の量が少なく、腹痛や突然トイレの心配はありません。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→