PAGE TOP

【うち漢方】下痢の漢方薬|光和堂薬局

|下痢の漢方薬

症状:下痢変更>
体質:体質は未判定です。→→ 判定>
  • 六君子湯は、消化吸収力を高めて、食べ物を逆流させずに、大腸へ送り、栄養分や水分の吸収を調整して、下痢や小便の量を改善します。お腹の張りやゲップ、おならを軽減する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(23)

  • 真武湯は、身体の芯を温め、新陳代謝を高め、だるさや低血圧、冷え、腰痛、むくみなどを改善します。不安感や緊張感を緩和して下痢などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(13)

  • 五苓散は、体内の水分代謝を活性化して、小便を増やして、尿酸など老廃物を積極的に排泄します。のどの渇きや下痢を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(6)

  • 葛根黄連黄芩湯は、皮膚や粘膜の炎症を鎮めて、熱感やほてりを鎮めて、発汗や肩こり、頭痛、疲れ目、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 抑肝散は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、不安感や緊張感、イライラ感、下痢、立ちくらみ、手の汗などを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 人参湯は、胃腸の働きを高めて、下痢や食欲不振などを改善します。おりものや咳痰を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 苓桂朮甘湯は、自律神経の働きを調整して、胃腸の働きを高めて、動悸や息切れ、発汗、手足の冷え、立ちくらみ、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 半夏瀉心湯は、胃腸の蠕動運動を調整して、排便のコントロールを良くして、下痢軟便やしぶり腹を改善します。胃腸の炎症を鎮める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 加味帰脾湯は、胃腸の働きを高めて、消化吸収力をアップして、気力体力を活性化して、下痢や不眠、不安感などを改善します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 安中散は、胃腸の不調によいです。胃腸の粘膜は、強い酸や酵素にやられ、炎症や潰瘍ができ下痢や腹痛を起こしますが、これらの症状を緩和します。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 半夏白朮天麻湯は、体内の水分代謝を活性化して、小便を増やし、むくみや下痢を改善します。頭痛やだるさ、気力低下を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 大建中湯は、胃腸の働きを高めて、下痢やお腹の張り、お腹の冷え痛みなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、心身の緊張感を緩和して、不安感やイライラ感を鎮め、血圧の上昇や排便コントロールの悪さ(緊張での下痢腹痛や旅行での便秘)を改善します。血行を促進して冷えを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 分消湯は、リンパ液の流れを促進して、体内の余分な水分を排出して、むくみやお腹の張り、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 防已黄耆湯は、体内の余分な水分を小便に出すように働き、むくみやだるさを軽減します。大腸の余分な水分も小便に回しますので、生理前後の下痢も改善してくると思います。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 茯苓飲は、体内の水分代謝を活性化して、胃酸の分泌を抑えて、胸焼けや呑酸、消化不良、下痢、むくみなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 半夏厚朴湯は、のど首胸部の緊張感を緩和して、動悸や吐き気、下痢軟便などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 麦門冬湯は、のど気管を潤し、過敏になった粘膜を穏やかに鎮め、咳を減らします。胃腸の働きを高める作用もあり、下痢にも安心です。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 大柴胡湯は、背中腰脇腹の緊張感を取り、痛みを緩和します。便通を出す作用もありますが、量を調整しますので、下痢軟便にはならないと思います。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 五積散は、体内の水分代謝を活性化して、余分な水分を排出して、身体を軽くします。胃腸の炎症を鎮める作用もあり、下痢しやすい体質も改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 荊芥連翹湯は、皮膚や肌、粘膜に停滞する老廃物を解毒して、炎症や吹き出物、ニキビなどを改善します。鼻や大腸の粘膜の炎症を鎮める作用もあり、鼻水や下痢などを緩和します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 芎帰調血飲は、産後のホルモンバランスを整えて、乳腺やリンパ節、関節などの炎症を鎮めます。さらに自律神経の働きを調整して、不安感やイライラ感、立ちくらみ、下痢などを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 黄連湯は、口内や胃腸の粘膜の炎症を鎮めて、口臭や下痢など口内や胃腸の不調を改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→

関連する動画

なぜ体質改善に漢方が適しているのか?8つの体質ごとに改善策を堀口和彦先生に分かりやすく解説してもらいました。

下痢の相談例
下痢の生薬
下痢のツボ



※ 当ページは、堀口和彦先生[薬剤師、鍼灸師]が監修(執筆)しています。