PAGE TOP

【うち漢方】ほてりの漢方薬|光和堂薬局

|ほてりの漢方薬

症状:ほてり変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、のぼせやほてり、頭部発汗、不眠、肩こり、頭痛などを改善します。大腸の粘膜の炎症を鎮める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(21)

  • 白虎加人参湯は、体内にこもった熱を鎮めて、ほてりやのどの渇き、発汗を改善します。皮膚や粘膜を潤す作用もありますので、乾燥肌や皮膚のかゆみ、蕁麻疹を緩和します。

    この症状で処方した相談例(15)

  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、リンパや血液の流れを促進して、むくみや足のほてり、おりもの、唇の荒れなどを改善します。睡眠の質を高めて、蓄積した疲労を取り気力を出していく作用もあります。

    この症状で処方した相談例(9)

  • 防風通聖散は、体内の新陳代謝を活性化して、解毒代謝を促進して、大小便の排出を増やし、血液をきれいにします。鼻や皮膚の炎症、肩こりやほてり冷えなどを改善します。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 荊芥連翹湯は、皮膚へ血流を増やし、皮膚の修復や免疫抵抗力を高めて、皮膚の炎症やニキビを改善します。のぼせや顔の赤み、目の充血、足のほてりなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(4)

  • 加味逍遥散は、ストレスなどで血行が悪くなり、肩こり目の疲れ、手足のほてり、生理不順にも良いです。ホルモンと自律神経のバランスを整える作用があります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 黄連解毒湯は、体内にこもった熱を冷まして、手足のほてりや熱感、炎症を鎮めて、湿疹や痒みなどを改善します。赤ら顔やのぼせ、寝つきの悪さを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(3)

  • 八味地黄丸料は、副腎の働きを高めて、ホルモンの働きを調整して、骨を丈夫にし、脊柱管内の脳脊髄液の流れを促進します。手足のだるさやほてり、しびれなどを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、イライラ感や手足のほてり熱感を緩和します。多少大便を出しやすくする作用もあります。

    この症状で処方した相談例(2)

  • 葛根黄連黄芩湯は、皮膚や粘膜の炎症を鎮めて、熱感やほてりを鎮めて、発汗や肩こり、頭痛、疲れ目、下痢などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 竜胆瀉肝湯は、体内の余分な熱や炎症を鎮めて、ほてりや熱感、発汗、皮膚炎、おりものなどを改善します。小便を出し易くする作用もあり、むくみや手足のだるさを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 治頭瘡一方は、血瘀の改善にもなり、頭部ののぼせやほてりにもよいです。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 小建中湯は、心身の緊張感を緩和して、睡眠の質を高め、疲れが取れやすい状態します。腹痛や足のほてりを緩和する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 柴胡桂枝乾姜湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理不順やのぼせ、ほてり、動悸などを改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→