PAGE TOP

【うち漢方】陰部痛の漢方薬|光和堂薬局

|陰部痛の漢方薬

症状:陰部痛変更>
体質:気滞,気虚,血瘀,血虚,湿痰,陰虚,湿熱,陽虚 判定>
  • 活命参は、鹿茸という鹿の幼角が配合され、男性ホルモン作用があり、陰部への血流をアップします。さらに紅参などが入り、勃起力を持続します。夜に1包としますが、用事前に1包追加服用してもよいです。

    この症状で処方した相談例(22)

  • 竜胆瀉肝湯は、陰部から膀胱の炎症を鎮めて、おりものを減らします。小便をスッキリと出させて、むくみや膀胱炎を予防改善する作用があります。皮膚の痒みなどアレルギー的な体質を改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(15)

  • 清心蓮子飲は、陰部や膀胱、尿道などの粘膜を潤しながら修復するような作用があります。排尿痛や残尿感などを緩和します。

    この症状で処方した相談例(7)

  • 八味地黄丸料は、ホルモンの働きを高めて、疲労を防止して、目や耳などの感覚器の働きを活性化します。骨盤内の血流を促進して、前立腺や陰部の働きを高める作用もあります。

    この症状で処方した相談例(5)

  • 六味地黄丸料は、小便の出方を調整して、陰部への血流を高めます。のどの渇きや皮膚の不調も改善します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 防風通聖散は、体内の新陳代謝を活性化して、骨盤周辺の老廃物を解毒して、陰部周辺の血行を促進します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 大柴胡湯は、自律神経の働きを調整して、肝機能の解毒作用を高めて、排便を増やして、体内に停滞する老廃物を浄化します。身体の緊張感を和らげて、陰部への反射的な刺激に対応できるようにする作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 疎経活血湯は、腰から臀部、陰部付近の血行を良くして、骨盤周辺の筋肉や神経の回復を活性化します。

    この症状で処方した相談例(1)

  • 加味帰脾湯は、胃腸の消化吸収力を高め、血を補い陰部への血液供給を増やします。不安感や気力低下、目の疲れを改善する作用もあります。

    この症状で処方した相談例(1)

☑の価格を表示する→