PAGE TOP

【うち漢方】過食の漢方薬|光和堂薬局

|過食の漢方薬

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、イライラ感や過食、内臓脂肪などを改善します。夜間の睡眠の質を高めて、疲れやだるさを解消して、昼間の眠気やだるさなどを改善する作用もあります。

  • 桃核承気湯は、骨盤内に停滞する宿便や瘀血(古血)を排出して、子宮卵巣の働きを助けて、生理不順や生理前後の精神不安、過食、イライラ感、不安感、冷え、便秘などを改善します。

  • 芎帰調血飲は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、精神状態を安定させて、過食やイライラ感、不安感などを改善します。さらにホルモンのバランスを整えて、生理が来る方向へ改善します。

  • 抑肝散は、心身の緊張感を緩和して、ホルモンと自律神経の働きを調整して、ストレスによるイライラ感や過食、不眠などを改善します。

  • 女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、精神不安を緩和して、過食やイライラ感を改善します。冷えのぼせを解消して、鼻づまりや鼻炎、皮膚炎などアレルギー体質を改善する作用もあります。

  • 加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、イライラ感や過食、肩こり、冷え、睡眠の質などを改善します。

  • 半夏厚朴湯は、のどから胸の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、ふらつきめまいや不安感、吐き気、過食などを改善します。

  • 人参養栄湯は、胃腸の働きを正常化してして、食欲過食を調整します。気力と体力を高める作用もあり、立ちくらみや顔色、鼻づまりなどを改善する作用もあります。

  • 桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、精神的安定させて、過食傾向を改善します。

  • 温経湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、生理前の過食や倦怠感、頭痛、おりものなどを改善します。

☑の価格を表示する→

無料の漢方相談もどうぞ


漢方相談をする